年会費無料にまつわるクレジットカードの話

■年会費無料でもクレジットカード会社は儲かる

年会費無料クレジットカードは、年会費による利益がありません。
クレジットカードを発行するにもコストが必要です。
申込を受付け審査をしクレジットカードを発行し郵送する。
これだけでも結構なコストが必要でしょう。
そして年会費無料クレジットカードでも、新規入会特典の付与があります。
さらにクレジットカードが使われると、ポイント付与もあります。
それなのに年会費無料で、クレジットカード会社は損をしないのでしょうか。

結論からいうと年会費無料クレジットカードを発行しても、クレジットカード会社が損をすることは少ないです。
それは手数料という利益が見込めるからです。

クレジットカードはリボ払いや分割払いをすると、支払い手数料が発生します。
この手数料は、クレジットカード会社の大きな収入源です。
クレジットカードを使っていると、よくクレジットカード会社から「リボ払いにしませんか」というDMが届きます。
またリボ払いに登録をするとポイント還元率が高くなったり、年会費が割引になったりという特典があるクレジットカードもあります。
これはそれだけリボ払いは、クレジットカード会社が儲かる支払い方法だからなのです。
何とかしてリボ払いを使ってもらい、利益を上げようということですね。

クレジットカードは一括払いだと手数料がかかりません。
クレジットカード会社としては、あまり歓迎されない支払い方法です。
では年会費無料クレジットカードで一括払いだけを利用し続けられると、クレジットカード会社は損をするのでは?という感じがしますよね。
しかし年会費無料クレジットカードで一括払いを使われても、クレジットカード会社に利益が上がる仕組みになっています。
それは加盟店からの手数料が入るためです。
クレジットカードが使われると、加盟店からクレジットカード会社に手数料が支払われます。
年会費無料クレジットカードであっても、つかってくれれば加盟店から手数料が入り儲かる…ということなのです。
リボ払いでなくても、使ってくれれば良いというわけですね。

年会費無料クレジットカードを使う方としては、手数料不要な一括払いを利用するのがおすすめです。
利益は少なくなりますが使ってくれるならありがたい会員となりますので、クレジットカード会社から嫌がられるということもないので安心してください。

利用金額が高くなれば優良会員となり、ゴールドカードやプラチナカードの招待状が届くかもしれません。

■ネットショッピングでお得年会費無料クレジットカード

市場を広げているのは、インターネットショッピングです。
現在はインターネットが主流となり、実店舗よりも利用が多いという方もいるでしょう。
インターネットショッピングで、活躍するのがクレジットカードです。
クレジットカードがあると、決済をするのがラクになります。
WEB上で決済を完了させることができるようになるためです。
インターネットショッピングがこれだけ発達したのは、クレジットカードがあったからと言っても良いでしょう。

インターネットショッピングで使うなら、よりお得な年会費無料クレジットカードを選択するのがおすすめです。

・Orico Card THE POINT
100円に1ポイント、入会から6ヶ月間は100円に2ポイントを獲得できる年会費無料クレジットカードです。
ポイントがたまりやすいと現在非常に注目されています。
オリコカードの会員はオリコモールを経由してインターネットショッピングをすると0.5%~15%のボーナスポイントが付与されるのですが、Orico Card THE POINTならさらに0.5%が加算されるのが特徴です。
最低でも1.0%、最高なら15.5%のボーナスポイントを獲得できるのです。
Amazonでも1.0%のボーナスポイントを獲得できてしまいますよ。

・楽天カード
楽天市場でショッピングをするなら、絶対に持っておきたい年会費無料クレジットカードです。
通常は100円に1ポイント付与ですが、楽天市場なら4倍なので100円に4ポイント付与となります。
楽天市場を利用するなら、ガンガンポイントを貯められるでしょう。
さらに楽天カードでは、お得なキャンペーンをよく行っています。
上手に利用すれば、もっともっとポイントを獲得することもできます。
楽天カードでたまる楽天スーパーポイントは、楽天市場で支払いに使うこともできます。
楽天カードでポイントをため、ポイントで欲しいものを購入すれば、よりお得になりますね。

・Yahoo!JAPANカード
Yahoo!ショッピングやロハコの利用時に、おすすめの年会費無料クレジットカードです。
通常は100円に1ポイント付与ですが、Yahoo!ショッピングやロハコではいつでもポイント3倍になります。
100円に3ポイントがたまることになり、還元率は3.0%。
Yahoo!ショッピングでは、最もポイントを貯めやすいクレジットカードとなるでしょう。
TポイントはYahoo!ショッピングでの支払いに使えるほか、Tポイント加盟店で現金代わりに使うこともでき便利です。

■海外旅行保険自動付帯の年会費無料クレジットカード

クレジットカードのお得な特典に、海外旅行保険の付帯があります。
海外旅行保険が付帯していると、海外渡航でトラブルが起こったときに保証金を受け取ることができます。
海外ではちょっと病院を受診しただけでも、びっくりするくらい高額の治療費を請求されてしまいます。
すべて自己負担をするのは大変ですから、もしものときのために海外旅行保険が付帯するクレジットカードを持つのがおすすめです。

海外旅行保険は年会費無料クレジットカードにはないというのが常識でしたが、現在は年会費無料でも付帯するクレジットカードは発行されています。
しかも利用付帯ではなく、自動付帯もあるのがポイント。
自動付帯だとクレジットカードで旅行代金を支払わなくても、補償の対象となるのでおすすめです。
年会費無料であれば使うのがメインではなく、海外旅行時のお守りとして発行しておくこともできるでしょう。

・JCB EIT
年会費無料クレジットカードながら、最高2000万円の海外旅行保険が自動付帯します。
疾病と傷害も最高100万円まで補償されるので、持っていると安心できるでしょう。
JCB EITは1,000円で2ポイント付与となり、ポイント還元率は1.0%。
JCBカードのプロパーの中でもポイント還元率が高く、年会費無料ということで人気があるクレジットカードです。
リボ払い専用クレジットカードとなりますが、初回支払い時はリボ手数料無料。
初回全額支払いで使うのがおすすめです。

・REXカードLite
年会費無料クレジットカードの中では、最も還元率が高い1.25%を誇るREXカードLite。
メインのクレジットカードとして使われることも多いです。
さらに海外旅行保険が自動付帯すれば、よりお得度が高くなります。
補償額は最高2,000万円となり、疾病と傷害時は最高200万円まで。
年会費無料クレジットカードですがしっかり病気やケガ治療時の補償もありおすすめです。

・エポスカード
マルイをはじめ全国7,000の店舗で割引などの優待があるとして、人気の年会費無料クレジットカードです。
エポスカードの海外旅行保険は自動付帯となり、最高500万円の補償となります。
最高補償額はやや低めですが、疾病270万円、傷害200万円と治療費はしっかりカバーされているのが特徴です。
海外旅行保険は最高補償額よりも疾病や傷害の補償金額に注目した方が良いとされていますので、エポスカードはおすすめです。

■ゴールドなのに年会費無料クレジットカード

ゴールドカードは年会費有料というのが当たり前の世界です。
低年会費ゴールドカードが出てきてはいますが、まだ年会費無料とまでは行ってません。
しかし年会費無料ゴールドカードは、実は存在しています。
ゴールドカードを持ちたいけれど年会費が必要なので、年会費無料クレジットカードを使い続けようという人もいます。
クレジットカードの年会費が気になるなら、年会費無料ゴールドカードを狙ってみてはいかがでしょうか。

・イオンゴールドカード
人気の年会費無料クレジットカード、イオンカードのゴールドカードです。
イオンカードはすべて年会費無料なのですが、ゴールドカードまで永年年会費無料というのはスゴイですね。
イオンゴールドカードは、欲しいからと申込をすることはできません。
クレジットカード会社からのインビテーションのみで、発行することができます。
取得をするにはイオンカードセレクトやイオンカードWAON一体型を発行します。
そしてイオンカードの設定する条件をクリアすると、ゴールドカードのインビテーションが届くということになります。
イオンカードの公式サイトでは、年間100万円以上使うとインビテーションが届くとされています。
なのでこれが一番手っ取り早い取得方法となるでしょう。

イオンゴールドカードを発行すると、イオン店舗にあるイオンラウンジを利用できるようになります。
また羽田空港の空港ラウンジの無料利用も付帯。
年会費無料クレジットカードなのに、しっかりゴールドカードのサービスも受けられお得です。

・エポスゴールドカード
年会費無料クレジットカード、エポスカードのゴールドカードです。
年会費は通常5,000円(税別)なのですが、年間50万円以上の利用で翌年度の年会費は無料となります。
ゴールドカードにしては年会費は安いのですが、実質年会費無料でゴールドカードを使えるのは嬉しいですね。
そしてクレジットカードが会社からのインビテーションによる入会は、無条件で永年年会費無料となります。
エポスカードを発行し、インビテーションをを狙うのがおすすめとなるでしょう。

エポスゴールドカードは国内主要空港、ホノルル、仁川空港ラウンジ無料利用サービスがあります。
またマルイでは200円に2ポイントと還元率が上がったり、ポイント有効期限がなくなるといった特典があります。
エポスカードよりもお得度が上がりますので、将来的にはゴールドカードを狙うのがおすすめです。