クレジットカードの年会費に関するおさらい

■クレジットカード年会費の取り扱い

会社としてクレジットカードを利用していたり個人事業主としてクレジットカードを利用しているときに難しいのが年会費の取り扱いです。会社として利用しているので経費として処理したいものの、勘定項目は何を設定すればよいのか分からないという方も少なくないでしょう。今回はクレジットカード利用のあれこれとして年会費の取り扱いについて法的な解釈からもご説明していきたいと思います。

そもそも、クレジットカードの年会費は全てが経費として算入できるわけではありません。大まかに分類していますが以下のように判断すると分かりやすいと思います。
・会社名義のクレジットカード(法人カード) :算入可能
・個人名義のクレジットカード(法人カード):算入可能
・個人名義のクレジットカード(個人事業主として契約):算入可能
・個人名義のクレジットカード(個人事業主としても私的にも利用):算入不可能
上記のように大半の年会費であれば問題ありませんが、個人事業主や個人での小規模な取引のために利用しているクレジットカードの中で私的な利用も含まれているものは経費に算入することが出来ません。厳密には私的な利用金額と業務としての利用金額を計算し、その割合で按分することが出来れば算入することも出来ますが少額の年会費であればそこまで資料を作って算入する手間を掛けることもあまりおすすめすることは出来ないです。

そして算入する際の勘定項目ですが一般には「支払い手数料」としておけばよいとされています。実際に何かを支払った際に発生している手数料ではないですが、年間を通じて支払い作業をするときに発生するものとの認識ですのでこちらで問題ありません。また「通信費」としてもよいとの意見も一部では紹介されています。帳簿を付ける際に明細を記載すると思いますので、毎年同じ項目を利用していればそこまで細かくは確認されないと思います。額が大きくなる場合は勘定項目を途中で変更すると帳簿の金額が大きく変わったように見えますのでなるべく変更しないことをおすすめしています。

基本的にクレジットカードの年会費は上記のように処理できますが、そもそも論として法人カードを利用することをおすすめしています。法人カードであれば基本的には個人での利用はほとんど無いと思いますし、会社が契約者となりますので経費への算入も対応しやすくなっています。個人事業主であっても年会費などの処理を簡略化するために法人カードを持ったほうがよいでしょう。

■クレジットカードの年会費は高ければ良いのか

皆さんはクレジットカードの年会費はおいくらぐらいのものを利用してますか。最近は年会費が無料のクレジットカードや実質無料のクレジットカードが増えてきたため、年会費は発生していないという方も多いのではないでしょうか。
そんな年会費無料のクレジットカードも数多くありますが、世の中には年会費が非常に高額なクレジットカードも存在しています。これらのクレジットカードにはどのような存在価値があるのでしょうか。クレジットカードの年会費に何万円も支払うのは想像が付かない方も居るでしょう。そんな方も今回は年会費が高くなればクレジットカードは良くなるのかについて一緒に考えてみましょう。

今回は年会費の基準としてまずは1万円を超えるものから対象に考えてみたいと思います。この1万円というのは日本で発行されているゴールドカードの年会費相場となっています。この価格で既に高いと感じる方もいるはずです。年会費無料でそれなりにポイント還元もあるクレジットカードが持てるのですからそれも当然でしょう。1万円程度の年会費が発生するクレジットカードは年会費無料のクレジットカードに対して会員サービスなどが付帯されたものであることが多いです。
つまり日常を少しリッチなものにしてくれるクレジットカードなんですね。他人と少し差を付けたいという方や日常に変化が欲しいという方が必要としているサービスが付帯されています。

続いて年会費4万円程度を考えてみましょう。こちらはプラチナカードと呼ばれるゴールドカードよりもサービスが充実したクレジットカードの年会費の価格帯となっています。この価格帯であればプラチナカードが手に入りますのでコンシェルジュサービスが利用できるでしょう。このコンシェルジュサービスというのは、クレジットカードに関わることであれば電話などをすることによって代わりに実施してくれるものとなっています。例としては新幹線やホテルの予約など自分でも出来るけど、忙しい現代人ですので頼めることは他人に頼んでおきたいという事柄が挙げられます。
コンシェルジュサービスはクレジットカードを利用できる事柄であれば基本的に対応してくれますので、お客様との食事で良いお店を手配するといったこともお願いすることが出来ます。
つまり自分では出来ないこともクレジットカードの力を借りて実現することが出来るわけですね。この価格帯以上のものになると決算のために利用するよりも、このような自分ではわからないこと・出来ないことの実現に利用することが多くなると思います。

クレジットカードの年会費は高くなるほどこのようなサービスが充実してきますが、現実私たちが活用できる部分には限界があります。そのため必ずしも高ければ高いほど良いという訳でもなさそうです。

■クレジットカードの年会費の意味

皆さんもご存知の通りクレジットカードには年会費無料のものから数千円や実質年会費無料となるもの、そして1万円を超えるようなものと様々な年会費が設定されています。このようにクレジットカードの年会費がものによって大きく異なるのには意味があるのをご存知でしょうか。
そりゃこれだけ金額が違うのだから意味が無いと納得できないと思う方がいても然るべきだと思います。今回はクレジットカードの年会費とその年会費がどのような用途に使われていのか、意味があるのかについて簡単にご説明したいと思います。

そもそもクレジットカードの年会費にはどのような意味があるのでしょうか。これは私なりの表現の仕方ですが、クレジットカードの年会費は付帯されているサービスの利用料と考えることが出来ると思います。ここでいうxサービスというのは自分が利用する、しないに関わらずクレジットカードを所有していれば利用することの出来る優待サービスのことを指していると考えてください。

年会費が必要なクレジットカードであれば、その集めた年会費によってクレジットカードの運営が進められることになります(もちろん収入源はこれだけではなく利用手数料なども含まれています)。それに対して年会費無料のクレジットカードであれば収入源は少なくなってしまいます。つまりそれだけクレジットカードとして付帯することの出来るサービスを減らさなければクレジットカード会社もやりくりが出来ない状況になるということです。クレジットカード会社も企業ですので利益が出ないようなサービスを提供することは出来ません。そのため年会費が無料であるのに高還元率のクレジットカードなどは、どこかで赤字に鳴らないようにサービスを削らざるを得ないのです。

ただ、全ての人が全てのサービスを利用する訳ではありません。そのため年会費はサービスを多く使った場合と全く使わなかった場合の中間地点の金額に概ね設定されていると言われています。つまり、年会費が低価格になっているクレジットカードほど上下の差が小さく、年会費が高額になっているクレジットカードほど上下の差が大きいということです。

年会費が高額なクレジットカードになればコンシェルジュサービスが付帯されているなど自分で用意するとなればいくら掛かるのか検討もつかないようなサービスが用意されてます。年会費を多く支払うというのはこういった自分では用意できない人やサービスを提供してもらうことに他なりません。
年会費無料のクレジットカードも良いですが、こういった年会費をある程度支払ってサービスを受ければ支払った意味がありますし悪いものではありません。

■若者向け年会費が無料となる専用クレジットカード

最近では多くのクレジットカード会社が若者を対象として年会費が無料、もしくは年会費が実質無料となるクレジットカードを発行しています。世の中にはお得なクレジットカードが数多く存在しているのも事実ですが、このような若者向けクレジットカードが利用できるのであれば総合的にはこちらがお得なことも多いでしょう。本来は年会費が必要となるようなサービスを若者だからという理由で無料で利用できるのは非常に大きなメリットです。今回は若者向けクレジットカードの中でも特におすすめのものをご紹介していきます。

・三井住友VISAデビュープラスカード
まずは三井住友カードが発行している18-25歳向けのクレジットカードです。年会費は初年度が無料、年間1回でも利用があれば翌年度からも1250円が無料になる実質無料タイプのクレジットカードです。ポイントの還元率も若者に多く使ってもらうためか高いものに設定されており、入会から3ヶ月はなんと2.5%還元となっています。26歳を迎えてからの更新時に自動的にプライムゴールドカード会員になれるのも嬉しいポイントです。

・MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード
こちらはクレジットカード会社大手の三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。年会費は初年度無料であり在学中であれば学生は無料になっています。12-29歳を対象としていますので学生を終えてからも利用可能ですが、学生でなくとも年間20万円の利用で翌年度が無料になりますのでそこまで高いハードルでもありません。
学生には嬉しい海外旅行保険も付帯されているクレジットカードであり、年会費無料で持てるのはまさに若者だからこその特権と呼べるようなものになっています。ポイントサービスも充実していますので年会費無料でなくとも利用できるぐらいのものでしょう。

・JCB CARD EXTAGE
こちらも若者向けクレジットカードとして有名なものの1つです。対象年齢は18-29歳となっており、こちらも若者全般を対象としたものとなっています。なんといっても魅力的なのは条件無しで年会費が無料となっていることです。仮に一般カードで同様に年会費無料を目指すとなると年間50万円以上は利用する必要がありますのでいかに優遇されているかが分かるクレジットカードと言えるでしょう。
JCBは提携店が多く、街なかの買い物でも気軽にポイントを貯めることが可能となっています。コンビニであればセブン-イレブンと提携していますし、コーヒーチェーンのスターバックスでもポイント加算が実施されています。

■JMBローソンPontaカードVisaも年会費無料のクレジットカードだった!

年会費無料のクレジットカードとして最後の紹介になったのがJMBローソンPontaカードVisaです。ローソンをよく利用してウイル方にとっては非常に身近なクレジットカードかもしれません。利用を考えている方も多いと思います。

今回はJMBローソンPontaカードVisaにはどんな特徴があるのか、というところを明らかにします。興味を持っている方は必見です。

JMBローソンPontaカードVisaは入会キャンペーンを実施しています。アマゾンギフト券を2,000円分プレゼントしてくれるのです。条件としてはカード発行付きの翌月末までにショッピング利用を合計15,000円以上しなければなりません。しかし、15,000円という金額自体はそれほど高額ではないので、比較的参加しやすいキャンペーンです。

JMBローソンPontaカードVisaは電子マネーサービスのポンタカードがついている、といった特徴があるのです。Pontaが利用できる店舗であれば、クレジットカードが利用できない店舗であったとしても決済ができます。より幅広い利用ができる、といった特徴を持っているのです。
ポインタポイントですが、実はほとんど有効期限がない、といっても良いものです。最終利用日から1年間の有効期限が設定されるのです。ポイントに変動があれば、有効期限は伸び続ける特徴があります。